vintage clothing NOVO!
   東京都渋谷区神宮前1-10-34 原宿コーポ別館215号室  OPEN:14-19  営業日:水、金、日  TEL:03-3402-7282   mail:novo@friend.ocn.ne.jp
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

NOVO!

Author:NOVO!
店舗,商品,場所など、当店についてのお問い合わせは、お気軽に上記のTELまたはmailにて宜しくお願い致します。

※当ブログでご紹介しております商品は、通信販売可能です。お気軽にお問い合わせ下さい※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 military look
335.jpg
late60's 「yves saint laurent」                              SOLD



1961年にメゾン設立し、60年代のファッション界に衝撃を与えたイヴサンローラン。

こちらは60年代後半のミリタリールックのジャケット。


男性服の要素を女性服の美しさに落とし込むという、今では当たり前、というか、今のファッション感の根本の1つにあたる部分を当時作り上げたのだと思います。(もっと昔にもこういうことはありましたが、現代に続くはっきりとした流れが生まれたのはこの時のはず)
他にも、タキシードルック、サファリルックなど、男性服の要素を取り入れたスタイルは当時衝撃だったのでしょう。



当時の世の中が確実に変わってきているのを、かなり早い段階で敏感に感じ取っていたのだと思います。

それが形としてはっきり表れたのが1968年フランスの5月革命で、そこから世界中で民衆による反体制運動が起こったようで…私は当時を全く知りませんが、相当な熱気を持った時代だったのではないかと思っています。
その証拠に、60年代後半は、それまでのモードの常識を覆すような革新的なデザインがたくさん生まれています。サンローランをはじめ、クレージュやパコラバンヌ、ルディガーンライヒなど…革新的な何かが生まれるのは、人々が新しい何かを強く求めていたから。
デザイナーはその時代の空気感を敏感に感じ取って、衣服の中で表現していたのではないでしょうか。


一部の富裕層顧客の為だけのものだったモードファッションを、プレタポルテを大きく打ち出すことで一般民衆も楽しめるようにしたというのも、サンローランはまさに時代の空気感を先取りしていたんですね…。
若者主体の世の中に大きく変化していく時代に、サンローラン自身も若かったことも、こういった先見性に関係があったような気がします。
きっと、モードファッションにおける、若く強烈な反骨精神と冒険心があったからこそですよね。


そういった精神性も含めて着ていただければ、より一層楽しめるのではないでしょうか。






何より、色味やソリッドなデザインが今の気分。着た時のシルエットの良さも抜群です。

細身の男性も、サイズが合えば非常にオススメ。















NOVO!



スポンサーサイト

! answer | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2010/02/21(日) 16:44)

<<chic girly lace | ホーム | plastic straw>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://vintageclothingnovo.blog7.fc2.com/tb.php/395-b6aa97d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 vintage clothing NOVO! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア