vintage clothing NOVO!
   東京都渋谷区神宮前1-10-34 原宿コーポ別館215号室  OPEN:14-19  営業日:水、金、日  TEL:03-3402-7282   mail:novo@friend.ocn.ne.jp
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

NOVO!

Author:NOVO!
店舗,商品,場所など、当店についてのお問い合わせは、お気軽に上記のTELまたはmailにて宜しくお願い致します。

※当ブログでご紹介しております商品は、通信販売可能です。お気軽にお問い合わせ下さい※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 原発問題について
今まで、表立ってはっきりと私の考えを言ってませんでしたので、ここでお話させて頂きます。


金の亡者だった国だからこそ、平穏で豊かで堕落した我々の生活があってその恩
恵を授かってきたわけで、今更になって都合が悪くなると権力者だけ悪者にするのはちょっと違く
ない?と思う。ずっと長い間、気付こうともしなかった自分自身に対して罪の意識を問いたい。

ひたすら被害者意識からの発言ではなく、加害者意識は絶対必要だと思う。そこで、加害者ならば、未来に対してどう責任を取っていくのかって話だと思うんです。

やはり制
御しきれないと実証されてしまったものは、責任持って自らの手で廃止しなければならないと思う。しか
も国や世界を滅ぼせるくらいの脅威なんだから危な過ぎる。世界的に全廃の方向
に向かうべきことだと思ってます。

が、それと同じくらい貧乏って怖い。貧乏は
人の尊厳さえ奪い去る恐ろしさがある。国が貧乏になった場合どうなるか想像し
てみて下さい。

この記事は、けっこう前に読んだものでもう既読の方も多いかと思いますが、原
発問題を考えるにあたって絶対読んでおくべき現場のレポートだと思います。長
いですが、まだ未読の方には全部読んで欲しいです
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-54.html



福島の原発は石棺にしない限り40年冷やし続けないと廃炉できず、それは常に絶えず人の手が居
ることです。その作業に主に従事しているのは地元で震災のため職を失った人
や、他の土地で仕事の無い人が職を求めて働いているわけで、つまり貧乏な人は
これから食っていく為に放射能を最も近くで浴びることになる可能性が大いにあ
ります。国が貧乏になれば必然的に雇用も減り、職からあぶれた弱者が結局虐げ
られる形になる怖れがあります。

つまり、原発産業を止めても国が貧乏にならないように皆が今まで以上にむちゃ
くちゃ頑張って働くか、もしくは国が貧乏になっても社会的弱者が生まれないよ
うな社会の構造を築き直していかないと、結局泣く人は増えると思うんです。

だから、単に政府を敵と定めて批判するとか、原発に異を唱えるだけではある意味
無責任で、その先のことをそれぞれ考えていかないと未来に対して責任など取れ
ないと思うのです。

政府が市民の声を聞かずちゃんと向き合わない姿勢は最悪だと思います。でも、ちゃん
と今後のことまで自分なりにしっかり考察せずに、安易に右へ倣えで流されても
いけない。

単純に政府を敵としてみなしていたら、いざ原発が全廃になったとして仮に
経済が下降して貧困問題が危機的になったら、また政府を責めるんじゃないかと
思う。それって随分自分勝手なんじゃないだろうか。国の問題は、最終的にはや
はり自分達の身から出た錆の問題として受け止めないといけない気がする。

そんなこと考えてても私は無力だし、自分のことであまりにもいっぱいいっぱいなので何
も行動できなかった。動かないなら言うなよって気持ちがあったので、今ま
で何も言及しなかった。原発は止まるべきだと思うし、経済が貧しくなって
もいけない。

そう考えた時に、とりあえず現時点での再稼働は早過ぎるし、十分な議論も無いままで筋が通ってない、おかし
いと思ったので、店を少し早めに閉めて初めてデモに行ってみたんです。それで、現場の空気を感じて、これまで考えてきたことをここに書いてみようと思いました。

先ほどのリンクを読んでも分かるように、多分、今自分達はとんでもなく危機的状況に立っていて、人のこと批判するばかりじゃなくて、それ以上にまず自分自身めちゃ頑張れよって話なんじゃないかと思う。それを1人1人がやるっていうか。その上でのNOならNO、YESならYES。今まで、どこか他人事で安穏と堕落して暮らして来た自分達のツケが回ってきた気がして、そこへの責任の取り方は人それぞれで良いと思うんですが、ちゃんと向き合っていけたらなと思います。

私は今後、都合が合う時はデモに参加しようと思います。それは、反対する市民が多数居るにも関わらず納得できる説明の無いまま一方的に再稼働したからです。そこには抗議しなければならないと思うからです。仮に、公に説明できないような国際的事情があったにせよ、なんとか市民の納得を得られるように努力するのが政府の責任だと思います。

が、だからと言って自分の仕事はないがしろにしません。ちゃんと今まで以上にお客様に満足して頂いて、気に入った服を着る高揚感とか感じてもらえるように頑張ります。美しいモノや楽しいモノを見ることで生まれる活力のようなものって、とても大事だと思うので、みんながみんなシリアスなモードになる必要は無いと思うし、他人の意見はしっかり筋が通っているなら正反対の意見でもちゃんと聞くべきだと思います。それぞれがマイペースに自分のこととして考えていければいいなと思います。


うまくまとまらず、乱文失礼致しました。









NOVO!



スポンサーサイト

other | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2012/07/05(木) 19:03)

<<4th | ホーム | for MEN's>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://vintageclothingnovo.blog7.fc2.com/tb.php/803-c703535d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 vintage clothing NOVO! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。