vintage clothing NOVO!
   東京都渋谷区神宮前1-10-34 原宿コーポ別館215号室  OPEN:14-19  営業日:水、金、日  TEL:03-3402-7282   mail:novo@friend.ocn.ne.jp
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

NOVO!

Author:NOVO!
店舗,商品,場所など、当店についてのお問い合わせは、お気軽に上記のTELまたはmailにて宜しくお願い致します。

※当ブログでご紹介しております商品は、通信販売可能です。お気軽にお問い合わせ下さい※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 店舗closeのお知らせ
【店舗closeのお知らせ】

まだはっきりした日程は未定なのですが、近日中に原宿の店舗をcloseすることに決めました。

主な理由としては、場所や時間にどうしても縛られてしまう店舗形態に面白味を感じなくなってしまったので何か新しい古着小売の形をやってみたくなったという点と、扱う商品の性質を変えてもっと買付を楽しみたい、という2点が大きいです。
また店舗でやりたい!となったら別の場所で始めるかも知れませんが、とりあえずしばらくはもっと身軽な状態で活動したいと思っております。身軽になりたい、この一言って感じの気分かも知れません。


今後の活動の予定としては、週1で幡ヶ谷FORESTLIMITで場所を貸してもらい、昼間はショップ、夜はパーティという感じでやってみようかな~と考えております。
私はファッションだけでなく音楽も大好きで、特に音楽好きの方々の人柄が好きなことが大変多いです。これからはその両方を楽しめる形にしていきたいです。他の場所も、面白い場所やイベントならどこでも出向いて行く身軽で変化のあるスタイルにできたらなと。

それに伴い、商品はこれまでのvintageオンリーの形から、usedとvintageのMIXに変えてこれまでに比べてかなりリーズナブルな形に変えたいと思っております。
これまでのようにショップがいつでもそこに在る、という状態ではないので、商品もその時その時で足を運ばないと手に入らない、少しいつもとは違う体験と一緒に持ち帰ってもらえるような形にできたら…と考えております。お酒でも飲みながらラフな感じで楽しくやれたらな~と。

私個人がもともと音楽関係の方々と繋がりが強かったですし、洋服がもう少し音楽の人に身近に接してもらえたり、逆に洋服好きの方が私の普段遊んでるような音楽の現場に足を運んでみるキッカケになったりしたらいいな、と。
両方とも本来は相互関係にあるべきですし、私個人の活動として同時にどちらにも興味を持ってもらえるようになれたら一番嬉しい形だと思ってきましたので…。

買付たい品、今フレッシュだと感じるモノというのは日々かなりのスピード感で更新されており、それを私自身が納得できるタイミングで提案できるようにする為の変化でもありますので、扱う品はこれまで以上に面白いモノにしていけたらいいな~と自分自身楽しみになっています。
カルチャーが本格的に混じり合ってきた感のある現代で、洋服も音楽も両方ヤバい…という場を作っていきたいです。

とにかく自分がもっと楽しめる形にしていきたいと思ってますので、これまで以上に皆さん遊んで頂けたら嬉しいです!


というわけで、残り何日間この場所で店をオープンさせているか分かりませんので、とりあえず早めに、最後の記念に一度お越し頂けたらとても嬉しいです!記念撮影しに来て下さい笑


年内は27日と30日で終わりです。年始は3日にスタートして、これまで通り水、金、日曜の営業日です。

何卒宜しくお願い致します!









NOVO!




other | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2015/12/25(金) 22:01)

 地図
地図(NOVO!の場所)


東京都渋谷区神宮前1-10-34 原宿コーポ別館215号室  
OPEN:14-19 
営業日:水、金、日  
TEL:03-3402-7282




215号室です。

わからない時は、お気軽にお問い合わせ下さい。










Twitter
https://twitter.com/NOVO_vintage


facebook
https://www.facebook.com/pages/NOVO-vintage-clothing/146491038843137









NOVO!




access map | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/12/08(火) 19:52)

 ! style
blog3383.jpg
outer:late40's~50's exotic wool coat (reversible)
inner:90's 「Town & Country」 sweat
bottoms:60's~early70's 「JACQUES DELAHAYE」 wool pleated skirt
shoes:2000's 「NIKE AIR GARNETT III」










blog3384.jpg









NOVO!




! style | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/12/06(日) 20:23)

 ! style(for MEN)
blog3380.jpg
outer:90's 「DKNY」 overcoat
inner:80's Poi Dog reversible sweat
:80's turtle neck knit
bottoms:90's 「adidas」 jogg pants
shoes:2000's 「NIKE AIR GARNETT III」










blog3381.jpg





blog3382.jpg









NOVO!




! style(for MEN) | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/12/04(金) 18:08)

 ! style
blog3376.jpg
tops:2000's 「CANNIBAL CORPSE」 death metal L/S T's
inner:1998's 「alice auaa」 gauze destroy jacket
bottoms:90's 「adidas」 jogg pants
shoes:70's 「LA CROSSE」 slip-on (DEADSTOCK)










blog3377.jpg





じわじわと来ているweird(奇妙な、異様な、風変わりな、超自然的な、不可思議な、etc...)の流れはこれからもっと盛り上がってくるはず。そこと絡めてmutant、blood、death、grotesque、magicなどのキーワードが浮かび上がってくると思います。どれも元を辿ると神秘性ということになるかと。SNSによってあらゆる物事が可視化された現代への反動として、世の中が神秘性をアートに求める流れは必然に感じます。
音楽でいえばArcaや、Oneohtrix Point NeverとGrimesの新譜など、これからの気分を代弁してくれてるかのような作品が最近立て続けに発表されていますね。

そことvintageファッションをどう繋げるか…というところで…デスメタルTです!
ヘルスゴスの流れでモノクロのブラックメタルTは新鮮でしたが、今後は、血の赤が象徴的に使用され、常軌を逸したグロテスクなデスメタルTのアートワークはファッションとして非常にフレッシュに目に映ります。あくまでモードとして、ぜひ取り入れてみて下さい!
blog3378.jpg



おそらくデスメタルバンドで最も有名なバンドの一つ、カンニバルコープス。
こちらは91年発売のアルバムアートワークです。
マニアックなジャンルとはいえ、一定数の熱狂的マニアがしっかり存在する為、90年代のデスメタルバンドTの貴重なオリジナル物はコレクタブルな扱いをされて高値取引されている状況です。
こちらは2000年代入ってからのボディにリプリントされたブート物ですが、オリジナル物かどうかというだけで値段が何倍にもなるということに意味を感じない方にはこちらの方がオススメだと思います。
ちなみに、普通のTシャツに比べて球数自体がすごく少ないロンTなのですが、ファッションデザインとしてこちらの方が圧倒的に今の気分ですね。
blog3379.jpg









NOVO!




! style | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/11/20(金) 21:36)

前のページ 次のページ
copyright © 2005 vintage clothing NOVO! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。